2013年04月08日

no-title

仕方ない、で人生諦められないし
打算的に生きることも厭である。
posted by 鷹風深 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

no-title

はぁ?
posted by 鷹風深 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

no-title

人は持てる者と持たざる者に大別される。
持たざる者は、どうあがいても持てる者にはなれない。
持てる者の救済を待つのみである。

持てる者は、持たざる者を家畜のように見下す。
救済という名の、自身の地位を確認するための手段を行使する。
持たざる者は救済を受けることで自身を貶める。
そうするしかないからである。



これほどまでに世界は不条理で不平等である。
それでも世界は成り立っている。
そして私は、持たざる側の人間であると自負している。



常に胸に留めておかなければならない。
自分が持てる側の人間などでは決してないことを。
posted by 鷹風深 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

no-title

なんでこんなに千切れそうな思いをしなくてはならないのか。
posted by 鷹風深 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

no-title

結局私の人生は、
1年の短期サイクルと
3〜4年の中期サイクルを何度も繰り返してるだけみたいです。
posted by 鷹風深 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

よくわからん

人間である以上、感情と論理があるはずである。
感情だけではただの動物である。
論理だけではただの機械である。
そのどちらかに傾きすぎることはよくない。
自分はどうだったのか?感情的ではなかったのか?
全員感情と論理を持って進められていたのか?
頭は働いていたのか?

考えれば考えるほど泥沼にはまって、深みへと落ちていく。
反省はしても後悔はしたくない。
だがしかしこれは完全に後悔する。確実に。
後悔を少しでも小さいものにするためには、動かなければいけない。
どう動く?どうすれば未来につながる?
逃げていては話にならない。
理想ばかり追いかけていても話にならない。


私は組織の一部である以前に一人の人間である。

自戒の意を込めて、ここに。
posted by 鷹風深 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

no-title

とりあえずああいう固定化された思考を見るとイライラする。反吐が出る。変わる気がないなら別に俺も変わる必要なんてないわ。
posted by 鷹風深 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

no-title

別に働いて給料もらってるわけじゃないし家庭も背負ってない。
ただ、責任は果たさなければいけない。
別に全て投げ捨てても構わないっちゃ構わないんだろうが
posted by 鷹風深 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

no-title

帰れ。
posted by 鷹風深 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする

no-title

ホンマにこいつ殴ったろうかな、って思ったわ。笑
posted by 鷹風深 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。